【ローザンヌ】留学生がオススメするスイスの観光地

ローザンヌがおすすめな理由

ローザンヌはとにかく魅力的だ。伝統現代がすごく良いバランスでミックスされていて、アート絶景を両方満喫できる。旅行者が少なく、現地の人たちはみんな穏やかで常にニコニコしていて、話しかけるとすごくフレンドリーに接してくれる。英語も流暢に話せる人が多く、フランス語が話せなくてもそんなに困らない。

いるだけで穏やかになれる、そんな雰囲気な街を私はオススメしたい。

旅行者が少ない街&穏やかな人々

ローザンヌでは、旅行者が少ないせいか、人々がすごくのんびりしている。生活リズムもわりと遅めで、大都市ではあまりみない人の余裕を感じることができる。

ここは本当に居心地が良い。私はまだ学生で働いてもいないが、もうすでにリタイヤしたくなっている(コラ)

お店に買い物に行っても、電車に乗っても、みんなすごく優しくて困っていると助けてくれる。

例えば、一人で大きい荷物を持って、電車に乗ろうとすると、必ずといっていいほど誰かが手伝ってくれる。

観光スポットもたくさんある。

ウッシーでは壮大なレマン湖が見れて、街の中心では美しい大聖堂美術館がある、そして、電車を少し乗ると、世界遺産ラヴォーの葡萄畑を見ることもできる。

オリンピックミュージアムの前のチューリップ

旅行者が少ない分、静かで、現地の人たちの生活を感じることができる。個人的には、もっと人が来てもおかしくないと思っている。

アートを満喫できる

mudac 美術館

ローザンヌは文化や芸術の街としてよく知られている。有名なものだと、オリンピックミュージアムや、ローザンヌ国際バレエコンクールがあったりする。

それ以外にも、Platform 10やMUDACといった美術館もある。スイスの美術館は人口あたりの美術館の数が世界トップクラスだ。私の美術を学んでいる友人がローザンヌにきたときにも、アートがすごく身近に感じると驚いていた。

すごく伝統重んじる国なので、街を歩いていると、新しいものも古い街並みにうまく溶け込むように設計されている。古いものと新しいもののバランスがとにかく良い。

街の外観にもすごい気を使っていて、街を歩いていてもガチャガチャした広告をあまり見かけない。

スイス人はシンプルなデザインのものを好むので、街中を歩いているととにかく全てがスッキリしていて、気持ちが良い。

フランス語地域のため、建物はどちらかというと、フランス寄りでちょっと可愛い。ドイツ語地域に行くと、もっとドイツカラーの建物が見られるため、比べて見るのも楽しいかもしれない。

家がカラフルでかわいい

絶景も観れる

Ouchyから見たレマン湖、向かい側に見えるのが水で有名なフランスのEvian

晴れの日にウッシーで見るレマン湖はいつ見ても惚れ惚れする。

ローザンヌ駅から自動運転の地下鉄に何駅か乗ると、Ouchy駅につく。そこで綺麗なレマン湖が見れる。天気が良かったら、レマン湖の周りを散歩することもオススメしたい、ビックリするほど気持ちが良いから。

Lauvauxの世界遺産の葡萄畑

そして、隣の州Montreuxにいく途中に世界遺産の葡萄畑がある。そこでクォリティー高いLavaux 産のワインを嗜むのも贅沢だ。

シヨン城

Montreuxでは、シヨン城が見れる。ゴールデンパスという、スイスの有名な列車も乗れる。

オススメの滞在する日にち

そんなに大きな街ではないので、半日から多くて3日で十分だと思う。ローザンヌから電車で20分のところにMontreuxがあるので、そこも観光をして見ると楽しいと思う。

オススメのホテル

Hotel des Voyager

画像:Booking.comからの引用

ローザンヌ市内のど真ん中にあるおしゃれなホテルで、他のホテルと比べて、比較的安値です。埋まっていることが多いので、早めに予約することをオススメします。

公式webサイト

Booking.com のページ

ローザンヌ以外

  • Lavaux で世界遺産の葡萄畑を見る
  • Montreaux で山に登る
  • Evian にボートを乗って行く
  • Gruyere でチーズを食べる

最後に:一度、来て欲しい

もし、スイス旅行で、行く街を迷っているのなら、ローザンヌをオススメしたい。というか、是非一度、きて欲しい。可愛い街並み穏やかで優しい人々様々なミュージアム、そして絶景

きっと、あなたも来たら好きになると思う。

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.